建設業における熱中症予防指導員・管理者研修


1.目的・内容
 近年、夏場の猛暑により熱中症による死亡災害が多く、その中でも建設業は作業環境により熱中症を発症するリスクが高くなっています。
 このため、厚生労働省は、平成22年7月27日付け基安労発0727第1号通達及び平成21年6月19日付け基安発0619001号通達の中で、熱中症予防のための労働安全衛生教育を行うよう指導しています。
 なお、平成28年2月29日付け基安発0229第1号において、新たに労働者に対する労働衛生教育及び作業を管理する者に対する労働衛生教育の内容が示されました。
 本研修は、建設現場管理者に、建設現場での熱中症予防のために必要な知識等を付与することを目的としています。

2.教育の対象者
 衛生管理者、労働衛生コンサルタント、店社スタッフ、施工管理者及び職長安全衛生責任者で熱中症予防のための指導・教育を行う者

3.教 育 内 容

  講習時間:13:00〜17:00
教  育  内  容 時 間
学科 熱中症の症状 30分
熱中症の予防対策 150分
緊急時の救急対策 15分
災害事例 15分
合 計 210分


4.受講料及びテキスト代(消費税を含む)
使用テキスト: 「建設業における熱中症予防(指導員用)」(建設業労働災害防止協会発行)
「建設現場で熱中症を防ぐために」(建設業労働災害防止協会発行)
受 講 料 テキスト代
会 員 非会員
5,140円 1,540円 2,040円
※会員とは、建設業労働災害防止協会富山県支部の会員(1号会員に限る)を指します。
注意: 講習日当日に欠席されても受講料・テキスト代は返済しません。
都合で受講できなくなった時や代わりの方が受講される場合は、講習開始日の前営業日までに必ずご連絡ください。

5.受講時に必要な物(テキストは当日お渡しします。)
受付整理票、筆記用具
※昼食は準備していませんので、各自、ご準備ください。
  
 



・受講申込書はこちらです。
 この講習会では、写真の添付が不要です。

・講習の申込方法についてはこちらです。