建設工事に従事する労働者に対する安全衛生教育


1.目的・内容
 建設工事現場における労働災害の防止を徹底するためには、建設工事に係る元方事業者としての責務にあわせて、建設工事に従事する労働者自身も災害防止の重要性を認識し、事業者が行う労働災害防止活動に協力することが重要です。
 「建設工事に従事する労働者に対する安全衛生教育」(略称「建設従事者教育」は、建設業労働災害防止協会の本部及び都道府県支部が専門機関として求めに応じ、事業者に代わって建設工事に従事する労働者に対し、不安全行動等の防止、その現場において発生しうる災害の防止を目的とした安全衛生教育を実施するものです。
 簡単にいうと、実施する作業所における不安全行動、作業所特有の災害等の防止を目的とした安全衛生教育です。

建災防協会本部ホームページ

2.対 象 者
 建設工事現場で直接建設工事の施工に従事する建設従事者
 職長又は安全衛生責任者等もこの教育の対象者に含めることは差し支えありません。

3.対象となる工事現場
 建設工事現場が直接的な対象になります。
 なお、国土交通省の直轄工事現場では、同教育を行うよう推奨しています。

4.教育の実施場所
 この教育の要請のあった建設工事現場の作業所

5.教育の実施時期及び受講頻度
 (1)実施時期
    建設工事の着手後、主だった建設従事者の現場入場が出そろう時期であって、事業者が希望する時期に行ないます。
※ただし、講師等の都合上実施できないことがあります。
※作業所に合わせて教育を行なっているため、工事終了間際や工事終了後に実施しても教育による効果があまりありません。
  (2)受講頻度 
    原則として、現場単位で1年に1回

6.定 員
   50名

7.教育カリキュラム
通常カリキュラム 9時開始〜16時終了
学 科
及び
実 技
科    目  時 間 
 労働安全衛生関係法令 30分 
 安全施工サイクルに関する事項 1時間 
 現場の労働安全衛生に関する具体的実施事項 1時間30分 
 労働災害の事例及びその対策 1時間 
実技訓練  2時間 
合    計  6時間 
注意:現場の工事の種類などの応じて、教育内容が一部異なります。

8.お問い合わせ等
 建設業労働災害防止協会各都道府県支部にお問い合わせください。

 また、講習を希望する日にちの約1か月前までに連絡をお願いいたします。