鋼橋架設等作業主任者技能講習
当協会は富山労働局長登録教習機関です
 登録番号:富鋼橋第1号
 登録期間満了日:平成31年3月30日

1.作業主任者を選任すべき作業
 「橋梁の上部構造であって、金属製の部材により構成されるもの(その高さが5メートル以上のもの又は当該上部構造のうち橋梁の支間が30メートル以上である部分に限る。)の架設、解体又は変更の作業」を行う場合には、法令の技能講習を修了した者のうちから「鋼橋架設等作業主任者」を選任し、その者に当該作業に従事する労働者の指揮その他の厚生労働省令で定める事項を行わせなければなりません。



2.受講資格
満18歳以上に達した後、次のいずれかに該当する者
   受講資格(1)
 橋梁の上部構造であって、金属製の部材により構成されるものの架設、解体又は変更の作業(以下において「鋼橋架設等の作業」をいう。)に関する作業に3年以上従事した経験を有する者。
経験年数については事業主の証明が必要です。
   受講資格(2)
 学校教育法による大学、高等専門学校(5年制の高専)、高等学校又は中等教育学校において土木又は建築に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上鋼橋架設等の作業に従事した経験を有する者。
経験年数については事業主の証明が必要です。また、上記の(2)に該当する者は、卒業したことを証明する書面が必要です。
大学院、短期大学、専修学校(一般に言う「専門学校」)は該当しません。
学校教育法(法規)について
   受講資格(3)
その他厚生労働大臣が定める者。
経験年数については事業主の証明が必要です。また、上記の(3)に該当する者は、訓練を修了したことを証明する書面

3.講習科目及び時間数
   受講資格を満たし、次のいずれかに該当する者
講習科目 時間数 一部免除区分
学科 作業の方法に関する知識 5時間 免除 免除
工事用設備、機械、器具等に関する知識 1時間30分 免除 免除
作業環境等に関する知識 1時間30分 免除 免除 免除
作業者に対する教育等に関する知識 1時間30分 免除 免除
関係法令 1時間30分
修了試験

4.受講の一部免除対象者及び免除科目
   受講資格を満たし、次のいずれかに該当する者
区分 受講の免除を受けることができる者 講 習 科 目
1  鋼橋架設等作業主任者技能講習規程第一条(受講資格(3))各号に掲げる者 作業の方法に関する知識
2  能開法に基づくとびに係る1級又は2級の技術検定に合格した者 工事用設備、機械、器具等に関する知識
作業環境に関する知識
能開法に基づくとび科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者 作業の方法に関する知識
工事用設備、機械、器具等に関する知識
作業環境に関する知識
作業者に対する教育等に関する知識
1  建築物等の鉄骨組立て等作業主任者技能講習を修了した者 作業環境に関する知識
2  コンクリート橋架設等作業主任者技能講習を修了した者 作業者に対する教育等に関する知識
証明する書類には「原本に相違ない」との事業主証明を行ってください。
原本証明の事業主証明は、同じ用紙に行ってください。切り取り、のり付け等をした証明では原本証明とはなりません。
写しや事業主証明が虚偽であることが後日判明したときは、発行済みの修了証は無効となります。

5.受講料及びテキスト代(消費税を含む)
 使用テキスト:「鋼橋架設等の作業指針」(建設業労働災害防止協会発行)
区   分 受 講 料 テキスト代
1号会員 非会員
全科目受講者 9,500 1,550 1,850
一部免除の(イ)に該当する方 6,000
一部免除の(ロ)に該当する方 5,000
一部免除の(ハ)に該当する方 8,000
注意: 講習日当日に欠席されても受講料・テキスト代は返還しません。
都合で受講できなくなった時や代わりの方が受講される場合は、講習開始日の前営業日までに必ずご連絡ください。

6.受講時に必要なもの(テキストは受講初日にお渡しします)
受付整理票、筆記用具
※昼食は準備していませんので、各自、ご準備ください。
  


受講申込書の様式
PDF  |  Word  |  記入例


・講習の申込方法についてはこちらです。