外国籍の方の受講について

 建設業労働災害防止協会富山県支部において実施する各種の講習につきましては、国籍を理由として受講をお断りすることはありません。日本語の理解が十分可能で受講資格を満たしていればどなたでも受講できます。
 なお、講習は全て日本語で実施しています。
 また、使用する教材、試験問題などは全て日本語で記載されています。

受講申込みについて
申込みにあたっては次の点にご注意ください。
受講申込み時、外国籍の方にあっては「受講申込書」の「受講者氏名」は「旅券(パスポート)」又は「在留カード」に記載されている氏名を記載してください。
また、申込み時に「旅券」又は「在留カード」の写しを添付してください。

よくある質問
Q.通訳を同席して受講させることは可能ですか?
A.通訳を同席させることは次のとおりできません。
 技能講習は労働安全衛生法により、実施する機関は実施する地域を管轄する都道府県労働局に登録許可を受け実施しています。
 外国語で実施する場合にあっては、通訳は専門用語などはもちろんのこと、講習科目に関する専門的、技術的な知識を持つ者の配置が望ましいとされ、また、通訳に要する時間は法定時間に含まれないため、通訳に要する時間を割増した時間で実施しなければなりません。
 これにより日本語で開催している講習に通訳を同席し、受講することはできません。
 また、実施する場合はその他制約があり、当県支部ににおきましては外国語での登録許可を受けておりません。
 
参考資料
平成24年10月10日付け基発1010第4号「外国人労働者に対する技能講習の実施について」

外国語で技能講習等を実施している登録教習機関について
注意: 出身国により言語が異なるため、外国語で実施している機関であっても希望する言語を実施しているとは限りません。

・外国人向け技能講習などの検索
外国語での講習を実施している機関については
公益社団法人国際研修協力機構のホームページより検索いただけます。
https://www.jitco.or.jp/ja/service/protection/mediate/