施工管理者等のための足場点検実務者研修


1.目的・内容
 建設業においては、墜落による死亡災害が最も多く、中でも足場からの墜落災害が最も多いのが現状です。このため、平成21年6月に足場の手すりの設置基準の改正や足場点検の実施・記録の作成の義務付け等の足場に関する労働安全衛生規則が改正、施工されました。
 また、足場等の点検実務者には足場の設置基準等について十分な知識、経験を有する者を指名するよう指導されています。
 本研修は、元方安全管理者等建設現場の施工管理を行う者に、労働安全衛生規則の改正内容を踏まえた足場の設置基準や足場点検のポイント等、施工管理者に必要な知識を付与することを目的としています。

2.受講対象者
(1) 建設工事の施工管理の実務に従事した経験のある者
(2) 店社の安全衛生部門で足場の設置計画書の審査工事現場の安全パトロール等の業務を担当している者
 
 

3.研修科目
 講習時間 12時50分〜17時30分
教   育   科   目 研修時間
学科 ・災害事例及び関係法令 1時間
・足場の組立て等の安全施工と保守管理 3時間

4.受講料及びテキスト代(消費税を含む)
使用テキスト: 「足場の組立て等作業の安全−能力向上テキスト−
(建設業労働災害防止協会発行)
受講料 テキスト代
1号会員 非会員
6,170円 1,040円 1,540円
当日受講されない場合であっても、納められた受講料は返還いたしません。
申込後、都合により受講できなくなった場合や代わりの方が受講される場合、講習開始日の前営業日までに必ずご連絡下さい。

5.受講時に必要なもの(テキストは受講初日にお渡しします)
受付整理票、筆記用具
※昼食は準備していませんので、各自、ご準備ください。
  

  受講申込書はこちらから

  申込み方法はこちらから