労働安全衛生法第28条では、建設業の事業主が危険性又は有害性等を調査し、その結果に基づいて検討した災害防止対策を実施(リスクアセスメント)して、未然に労働災害を防ぐことが努力義務となっています。
 各建設工事現場では、労働災害を防止するためにリスクアセスメントを確実に実施することが大変重要となります。