技能講習等修了証再交付・書替について

・再交付等の申請に必要な書類


 平成29年3月10日付基発0310号「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令の施行について」により、平成29年4月1日より修了証から「本籍地」欄の記載が削除されました。
 また、以前は「本籍地」に変更があった場合、書替えを行なうことが義務付けられていましたが、「本籍地」記載が無くなったため、「本籍地」を書替える義務も無くなりました。
 平成29年4月1日以降は、書替えの義務は「氏名」の変更時のみとなります。
 その他、従来通り「損傷」や「紛失」時の再交付に変わりはありません。
修了証様式の変更に伴う注意事項

 平成27年9月28日より一部講習を除き、修了証の様式をプラスチックカードに変更しました。
 平成29年4月1日より本籍地の記載が無くなりました。

 また、再発行・書替の他、当県支部で実施した講習に限り「統合」を行なうことができるようになります。
 修了証は1枚につき10種類まで記載できますが、「技能講習修了証」、「特別教育修了証」、「安全衛生教育修了証」の3種類に分けて作成いたします。

 ただし、下記の修了証は講習修了時と同じく講習ごとに作成し、統合できません。また、手数料が異なりますのでご承知ください。


講習ごとに作成する修了証
・昭和48年〜昭和49年9月30日までに実施した「車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能特例講習」
・安全衛生推進者養成講習
・現場管理者等のための統括管理者講習
・熱中症予防指導員研修
・作業員のための熱中症予防研修
・新規参入者教育

・再交付等の申請に必要な書類