酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育


 下水道、ピット、地下室、タンク内、坑内、暗きょなどの「酸素欠乏空気」が発生、流入するおそれのある「酸素欠乏危険場所(労働安全衛生法施行令別表第6に掲げる場所)における作業」に従事する労働者には「酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育」を行わなければならないこととなっています。

 酸素欠乏症とは、酸素濃度18%未満の空気を吸入すると発生する症状です。また、硫化水素中毒とは硫化水素濃度10ppmを超える空気を吸入すると発生する症状をいいます。
 酸素欠乏症などは致死率が非常に高く、1回の酸素欠乏空気の吸入で死亡する危険があります。
 また、被災者を救出しようとした者が被災する2次災害の危険もあります。


1.受講対象者
 満18才以上の酸素欠乏・硫化水素危険場所における作業に従事する者


2.教育科目及び時間

 講習時間 8時40分〜15時50分
教 育 科 目 範 囲 時間数
酸素欠乏の発生の原因 ・酸素欠乏の発生の原因
・酸素欠乏の発生しやすい場所
1時間
酸素欠乏症の症状 ・酸素欠乏による危険性
・酸素欠乏症の主な症状
1時間
空気呼吸器の使用の方法 ・空気呼吸器、酸素呼吸器若しくは送気マスク又は換気装置の使用方法 1時間
事故の場合の対比及び救急そ生の方法 ・安全帯等並びに救出用の設備及び器具の使用方法並びに保守点検の方法
・人工呼吸の方法
・人工そ生器の使用方法
1時間
その他酸素欠乏症の防止に関し必要な事項 ・労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令、労働安全衛生規則及び酸素欠乏症等防止規則中の関係条項
・酸素欠乏症を防止するため当該業務について必要な事項
1時間30分
合   計 5時間30分
※一次救命処置(心肺蘇生、AEDを用いた除細動)及び酸素欠乏症の災害防止管理を含む

3.受講料及びテキスト代(消費税を含む)
使用テキスト: 「建設業における酸素欠乏症等の予防」(建設業労働災害防止協会発行)
受 講 料 テキスト代
1号会員 非会員
7,200 730 1,030
注意: 講習当日、欠席されても受講料・テキスト代は返済しません。
ただし、都合で受講できなくなった時や代わりの方が受講される場合は、必ず事前に連絡願います。

4.受講時に必要なもの(テキストは受講初日にお渡しします)
受付整理票、筆記用具
※昼食は準備していませんので、各自、ご準備ください。




・受講申込書はこちらです。


・講習の申込方法についてはこちらです。